その昔、芦原温泉中心部の温泉地帯は低湿な沼地でした。明治16年に町内堀江十楽のひとりの農民が灌漑用の水を求めて水田に井戸を掘ったところ、約80度の温泉が湧出したのが始まりです。翌明治17年には何軒かの温泉宿が開業し湯治客を泊めるようになり、明治45年に旧国鉄三国線が開通して以降、温泉街として発展していきました。その後、福井大震災(昭和23年)、芦原大火(昭和31年)など度重なる震災を乗り越え今日に至っております。
芦原温泉ボーリング風景(大正8年)
当時のメインストリート(大正3年) 温泉街を行き交う人々(昭和30年)



あわら市
芦原温泉は、北陸・福井県の北部に位置しています。温泉街を中心に北は丘陵地帯、南は水田地帯が広がり、観光と農業に栄えた町です。ハウス栽培によるメロン、スイカ、トマト(越のルビー)の栽培が盛んで、町の特産物となっています。
芦原温泉に隣接する北潟湖は、休日になると県内外から訪れるカヌーイストや釣り人で賑わい、また、6月上旬〜7月上旬頃までの一ヶ月間、北潟湖畔花菖蒲園では約300種・50万株の菖蒲が一斉に花開き、観光スポットのひとつとなっています。
北潟湖周遊自転車ロード
ハミングロード
北潟湖畔花菖蒲園 越のルビー





芦原温泉では、お湯の共同管理を行っておらず、各施設が何本かの温泉の井戸を持っています。そのために各施設により温泉の成分が微妙に異なっており、それぞれ違った感触のお湯をお楽しみいただけます。
【 泉質 】 中性〜微アルカリ性の含塩化土類食塩泉
ナトリウム、カリウムに富んでいます。
【 泉温 】 33.5〜77.5℃
【 効能 】 <浴用> リウマチ・慢性皮膚炎・神経痛
アトピー性皮膚炎
<飲用> 慢性胃カタル・慢性胃酸減少症

温泉に入浴するにもマナーがあることをご存知ですか?

入浴のマナー ・・・食後は30〜60分の休息後にご入浴下さい。
浴後のマナー ・・・温泉の成分は入浴後も体に浸透します。なるべく真水で洗い流さないようにしましょう。